NEWS

TYTUS3D社製金属3Dプリンターの取り扱いを開始いたします。

投稿日:2019-12-01 更新日:

弊社)株式会社エヌエスエス(東京都青梅市)は株式会社ミクニ(東京都千代田区)のパートナーとしてTYTUS3D社(米国カリフォルニア州)の金属3Dプリンター(SLM)「ACCUMETAL2.0」の日本国内への販売を開始いたします。
造形可能サイズはX280mm*Y280mm*Z390mmでインコネル(718, 625)、ステンレス(SS316L, 304)、コバルト(CoCrMo)、アルミ(AlSi10Mg)、チタン(Ti6-4)等様々なマテリアルの出力が可能です。

プリンターのスペック等の情報はこちら
https://am3d-jp.com/

TYTUS3D社は米国シリコンバレーのスタートアップ企業です。
彼らがユーザー視点に立って開発を進めた次世代型金属3Dプリンターは、使い勝手に優れており、2-Wayの再コーティング機構を備えたL-PBF (レーザー粉末ベッド溶融)システムを搭載し、インコネルやチタンを含む活性または非活性材料の双方に対応可能です。
その他にも、遠隔監視機能やAR(拡張現実)機能を備えた、スマートファクトリ―対応の最新型プリンターです。

 

 

本製品のお問い合わせはこちらまで

ページ先頭へ