NEWS

日本製低アレルゲン水洗いレジンのテスト販売を開始いたしました。

投稿日:2019-05-07 更新日:

岡本化学工業株式会社(埼玉県蕨市)が開発・製造する、日本製のFlashForge Hunter対応レジンの試験販売を開始いたしました。

本製品の特徴

◎低アレルゲン
・医療・スポーツ用の3Dプリントマウスピースに用いられる材料をチューニングしているので生体適合クラスの安全性があります。

・アンチモン、ビスフェノールA不使用
※アンチモンとは・・・刺激性のある物質で吸入すると咳がでて眼には発赤、痛みが発する場合があり日本では劇物に指定されている物質
※ビスフェノールAとは・・・主に女性の生殖機能を害する可能性がある 化学物質でアメリカでは哺乳瓶に使用しないように規制された物質)

・一般社団法人 日本皮膚免疫アレルギー学会が発表している
ジャパニーズスタンダードアレルゲン2015の アレルゲン一覧にある化学物質不使用。
(参考URL:http://www.jsdacd.org/jpn_std_allergen2015.html )
※敏感な方だとアレルギー反応が出る可能性もゼロとはいえないため”低アレルゲン”との表記としております。

 

◎低刺激、低刺激臭
低アレルゲン物質使用、香料不使用により、肌への刺激もかなり少なくレジン臭は文房具の”液体のり”のような少しすっぱい臭いが特徴ですが造形中や造形後、機械にレジンがそのままでも臭いが気になりません。
※個人差があります(造形後の造形物の臭いは、ほぼなくなります。)
※敏感な方や、肌荒れ等が気になる方は作業時に手袋を着用ください。

 

◎日本製原料を使用して日本国内にて製造
厳選した国産原料を使用して国内の技術力があるケミカルメーカーが開発製造しているので安全なレジンを安心してご使用いただけます。
開発・製造:岡本化学工業株式会社(埼玉県蕨市:創業昭和7年)
URL:http://www.okachemi.com/company/

 

◎IPA、エタノールによる洗浄不要
 一般的な光造形用レジンは油性ですが、本製品は水溶性レジンですので
 イソプロピルアルコール(IPA)やエタノール等による洗浄は不要です。
 造形物を塗装する場合やベタつきが気になる場合には台所用洗剤を使用して洗浄することで洗浄効果を向上出来ます。
 ※水洗レジンへの吸収によるクラックが発生するのでIPA、エタノールは使用不可です。
 ※洗浄した廃液は各自治体の指示に従って処分してください。
  (天ぷら油等と同等) 

 

◎低粘度により高い洗浄性、加温不要
 サラサラのレジンなので造形後のレジン切れも良く洗浄も容易です。
 推奨環境温度は20℃ですが冬場の気温の低い室内(10℃程度)でもレジンを加温すること なく造形可能です。
 

◎造形前撹拌不要(クリア)
顔料が入っていないクリアレジンの為、造形前の撹拌は不要です。

 

◎二次硬化不要
 造形時の紫外線照射にて十分な強度と積層密着が得られるように
 レジンの設計がされおりますので、造形後の二次硬化処理は不要です。
 より強度を得たい場合は、耐光性が失われ黄変しますが二次硬化処理して頂いても問題ございません。
 ※塗装を行う場合には溶剤を吸収する可能性がありますので二次硬化させて塗装を実施してください。

 

◎冷暗所保管で長期保管
5℃程度の光が当たらない環境で適切に保管して頂ければ1年程度は保管して頂く事が可能です。

 

水洗レジンの造形事例①~0.05mm積層~https://nssngt.com/2019/05/15/745/
水洗レジンの造形事例②~0.025積層と比較~https://nssngt.com/2019/05/15/809/
水洗レジンの造形事例③~0.025積層ディティールの限界~https://nssngt.com/2019/05/22/876/
水洗レジンの造形事例④~レジンへの着色~https://nssngt.com/2019/06/07/922/

販売URL:https://nssngt.com/shop/products/list?category_id=9

19/6/19:検証結果に基づき造形条件、洗浄方法他に関する記述を変更いたしました。

ページ先頭へ