活用事例

佐久間デンタルクリニック様にDLP光造形機Hunterを納入させて頂きました。

2018/10/05   -活用事例
 

福島県福島市の医療法人腎済会 佐久間デンタルクリニック様にFlashForge製DLP光造形機Hunterを納入させて頂きました。 佐久間デンタルクリニック様では最新の口腔内スキャナーを導入されおり、 …

東北大学様にAdventure3を納入させて頂きました。

2018/10/04   -活用事例
 

東北大学 片平キャンパス 生命科学研究科 名誉教授 八尾 寛様にFlashForge製3Dプリンター Adventure3を納入させて頂きました。       &nbsp …

通常の造形時間の約6割、Hunter「高速」造形モードの設定方法

造形スピードが早くなるHunterの「高速」造形モードをご紹介致します。 実は、このモードは初期は無かったのですがファームウェアをバージョンアップすることで利用可能になりました。 今まで使用していたG …

サポートを付けた状態のデータを複数読み込んだりスケール変更をする方法

FlashPrintで別々のファイルでサポートを付けたデーターを一度にプリントしたい。 サポートをつけた後に「スケールを変えたい」「回転させたい」「カットしたい」そんな時に使えるテクニックをご紹介しま …

スライサーでオーバーハング部を表示させる方法

スライサーソフトにデーターを読み込んでサポートを付けるときに便利な機能をご紹介します。   ・メニューの「表示」→「オーバーハング表示」→「オーバーハングのしきい値を設定」を選択します。 & …

ページ先頭へ